2021年日本循環器学会





U40 心不全ネットワーク企画セッション①:デジタルテクノロジーが切り開く新たな循環器学

座長:

鍵山 暢之(順天堂大学 循環器内科)
野村 章洋(金沢大学先端医療開発センター 循環器内科)

1.Digital Therapy -Dawn of the ThirMedicine-
佐竹 晃太(日本赤十字社医療センター 呼吸器内科/CureApp)

2.SupeStethoscope 小川 晋平(AMI)

3.Deep Learning for Detection of Elevated Pulmonary Artery Wedge Pressure Using Standard Chest X- Ray 平田 有紀奈(徳島大学病院 超音波センター)

4.A Novel Method of Trans-esophageal Doppler Cardiac Output Monitoring Utilizing Peripheral Arterial Pulse Contour with/without Machine Learning Approach
上村 和紀(国立循環器病研究センター 循環動態制御部)

U40 心不全ネットワーク企画セッション

Pros and Cons―超高齢化社会における心不全治療の最適解はあるのか?

座長:

近藤 徹(名古屋大学 循環器内科学)
柴田 龍宏(久留米大学 内科学講座 心臓・血管内科部門/久留米大学高度救命救急センターCCU)

1.生駒 剛典(浜松医科大学 内科学第三講座 循環器内科)

Discussants:

森脇 啓至(三重大学 循環器・腎臓内科学)
菊池 篤志(大阪府立病院機構大阪急性期・総合医療センター 心臓内科)

2.那須 崇人(岩手医科大学 医歯薬総合研究所生体情報解析部門 内科学講座循環器内科分野)

Discussants:

髙潮 征爾(熊本大学 循環器内科) 

岡田 厚(国立循環器病研究センター)

U40 心不全ネットワーク企画セッション

臨床研究を極める

座長:

鍵山 暢之(順天堂大学 循環器内科)
石原 里美(奈良県立医科大学 循環器内科)

1.OCEAN-SHD family 目的、コンセプト、これまでの軌跡と今後の展望 林田 健太郎(FJCS)(慶應義塾大学 循環器内科)

2.Learning Medical Statistics -Essential Knowledge to Conduct ScientifiResearch 新谷 歩(大阪市立大学大学院医学研究科 医療統計学講座)

3.Study Abroad during COVID-19 Pandemic
中田 康紀(ラトガーズ ニュージャージー医科大学 細胞生物分子部門)

4.Risks for Studying Abroad: The Dark Side of the Moon 鍵山 暢之(順天堂大学 循環器内科学)

U40 心不全ネットワーク企画セッション

HFpEF Phenotyping: Is It Possible and Clinically Important?

Chairpersons:

Yuya Matsue(Department of Cardiovascular Biology and Medicine, Juntendo University Graduate School of Medicine, Tokyo) Takeshi Kitai(Department of Cardiovascular Medicine, Kobe City Medical Center General Hospital, Kobe)

1.Heart Failure with Preserved Ejection Fraction in Asia: Evidence foRegionaPhenotypes Jasper Tromp(National Heart Centre Singapore, Singapore)

2.Role of Exercise Stress Testing in the HFpEF Phenotyping Masaru Obokata(Gunma University Graduate School of Medicine, Maebashi)

3.The Key Role of Left Atrial Strain in Assessment of DiastoliFunction
Matteo Cameli(Department of Medical Biotechnologies, Section of Cardiology, University of Siena, Siena, Italy)

4.Does Phenotyping Change Our Medical Therapy?
Jin Joo Park(Seoul National University Bundang Hospital, Seongnam, Korea)