2nd paper from REALITY-AHF was just accepted in Am J Cardiol

[English is below]

武蔵野赤十字病院循環器内科の山口徹雄先生がREALITY-AHFのデータを用いて1st authorとして作成した論文“Effect of Optimizing Guideline-Directed Medical Therapy Before Discharge on Mortality and Heart Failure Readmission in Patients Hospitalized with Heart Failure with Reduced Ejection Fraction”American Journal of Cardiologyにアクセプトされました。REALITY-AHFからの発表論文はこれが2本目となります。
尚、この論文に関して第82回日本循環器学会学術集会において山口先生がポスター発表を行う予定です。

[From 1st author] 武蔵野赤十字病院循環器内科 山口徹雄先生
急性心不全入院中に、ガイドライン推奨薬を投与開始した方が良いかどうかはevidenceのないところであり、本研究はREALITY-AHF試験のサブ解析として施行しました。534名のHFrEF患者(EF<40%)を退院時のガイドライン推奨薬剤(GDMT: ACE-I/ARBまたはBeta Blocker)の投与状況で3群(Both, Either, None)に分け、その1年予後を比較検討しました。
結果、GDMTは総死亡については強い相関がみられるものの、死亡を競合リスクとして解析した心不全再入院には相関がみられませんでした。多変量解析でも同様の結果であり、対象を80歳以上・以下で分けても有意なinteractionも認めませんでした。
本論文のclinical implicationとしては、入院はGDMT導入の良いチャンスであること、1剤でもGDMTが入っていればおよそ60%のrisk reductionがあること、再入院については違うアプローチが必要そうであることです。退院後の薬剤投与状況がわからないなどのlimitationがありますが、特に高齢者に対するGDMTの投与率は非常に低いとされており、入院中にmedicationを適正化することの重要性を示す結果であると考えています。


A paper titled “Effect of Optimizing Guideline-Directed Medical Therapy Before Discharge on Mortality and Heart Failure Readmission in Patients Hospitalized with Heart Failure with Reduced Ejection Fraction” was just accepted in Am J Cardiol.

Dr. Tetsuo Yamaguchi (Japanese Red Cross Musashino Hospital, Tokyo, Japan) leaded the research and wrote the paper as 1st author.

The main findings were:

  • 534 HFrEF patients registered in the REALITY-AHF study were analyzed.
  • Patients were divided into 3 groups: those treated with both ACE-I/ARB and BB (Both group: n=332, 62%), either ACE-I/ARB or BB (Either group: n=169, 32%), and neither ACE-I/ARB nor BB (None group: n=33, 6%), respectively.
  • 1-year mortality, but not 1-year HF readmission rate (using a competing risk survival analysis), was significantly different among the three groups, in favor of the Either and Both groups.
  • These findings imply that optimization of GDMT before the time of discharge might reduce mortality, but not HF rehospitalization.

Yamaguchi T, Kitai T, Miyamoto T, Kagiyama N, Okumura T, Kida K, Oishi S, Akiyama E, Suzuki S, Yamamoto M, Yamaguchi J, Iwai T, Hijikata S, Masuda R, Miyazaki R, Hara N, Nagata Y, Nozato T, Matsue Y.

Effect of Optimizing Guideline-Directed Medical Therapy Before Discharge on Mortality and Heart Failure Readmission in Patients Hospitalized with Heart Failure with Reduced Ejection Fraction

Am J Cardiol 2018; in-press

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中